ペットシッターの仕事内容と魅力

  1. /
  2. /
  3. ペットシッターの仕事内容と魅力

飼い主の留守中にペットの世話をするシッター

飼い主がやむを得ず部屋を留守にする際、飼い主の代わりにペットのケアをします。
人の子供の面倒を見るベビーシッターのペット版と言う言葉がぴったり来ます。
近年はペットを預かるペットホテル等も増加しましたが、ペットの性格によっては周囲の環境の変化に対応できず体調不良になるケースもあります。

そのため、暮らしている家で飼い主の留守中も普段と変わらないように暮らせるように、自宅を訪れて世話をしてくれるペットシッターのニーズがあるのです。
飼い主から自宅で世話をするため必要な部屋の間取りや鍵の開錠・施錠方法、電灯のスイッチの場所等詳細な情報を漏れなく聞き取ります。

散歩に連れ出すことを求められれば、普段の散歩コースや途中のトイレの処理における注意点も聞いておきます。
また、運動不足のペットのケースでは、散歩中と室内のどちらに遊びのウエイトを置くのかも聞き取ります。
当日は依頼内容に従ってペットの世話をしますが、餌やりだけのケースもあれば一日に何度か様子を見に行く場合もあります。
そのほかにも、世話が長期間に及ぶ場合は、爪切りや簡易なトリミング等を施す場合もあります。
また、世話をしている期間中にペットが体調を崩せば、飼い主に連絡を取って、看病をしたり動物病院の診察を受けたり、適宜対応します。
ペットシッターは飼い主の大切なペットを世話するという重要な役割を担うため、動物に関するトータルな知識と高いスキルが求められるのです。

数多くの動物と出会い触れ合えるペットシッターの魅力

爬虫類
ペットシッターはその仕事の特徴として多くの種類の動物に出会えます。
犬であっても大型犬から小型犬まで様々な犬種が存在しますし、その一頭一頭により性格もさまざまです。
最近では犬や猫だけでなく、ウサギやハムスター、カメやトカゲなどの爬虫類など、滅多に出会えない動物の世話に当たることも増えてきました。

仕事の依頼は短期のモノも多く、このように新たな依頼のたびに次はどんなペットに出会えるかワクワクできます。
新しい動物と巡り合うチャンスが多い事は、この仕事の大きなメリットです。
業務遂行時は基本的に一人で行動するためマイペースで自分の考えどおりに仕事が出来る点も魅力と言えるでしょう。
当然、飼い主のペットのエサやりや散歩は時間を守る必要はあるのですが、時間さえ守れば基本的には一般のサラリーマンのように人の指示で動くという事は少ないです。
出来る限り一人で過ごす時間が長い仕事を希望する方や人間といるより動物の側にいるのが好きだという方には最適です。
また、動物の種類や習慣によっては散歩が日課の場合もあり、その場合は公園を犬と一緒に散歩することも仕事なのです。