家庭犬訓練士の仕事内容と魅力

  1. /
  2. /
  3. 家庭犬訓練士の仕事内容と魅力

犬のしつけ教室などで活躍

家庭犬訓練士は獣医師と異なり国家資格制度は設けられていません。
誰でも、家庭犬訓練士を名乗ることは可能ですが、犬のしつけに関連する知識やスキルを持たずに名乗ったとしても信頼を得ることは出来ず、仕事の依頼はありません。

家庭犬訓練士を名乗る多くの方は家庭犬訓練士に関連する知識やスキルを身に付けるため、専門学校に通ったり通信講座を受講したりして民間の資格を受けています。
専門学校や通信講座を修了し民間資格を得たあとに、開業している犬のしつけ教室等のスタッフとして採用されます。
犬のしつけ教室では各家庭で飼われるペット犬の噛み癖や吠え癖、各種の粗相等の問題行動を改善すべくペットや飼い主に指導します。
特に飼い主に対する指導は重要で、せっかく教室で癖を直してもその後の日々の暮らしの中で良い習慣が失われては意味がありません。

家庭犬訓練士の具体的な仕事内容

具体的な家庭犬訓練士の仕事内容は、ペットとして飼われる犬に対し、

  • トイレを正しい場所にさせる
  • 他人に噛む癖を直す
  • 吠えて近所に迷惑をかける癖を直す
  • 拾い食いの癖を直し食中毒から守るなど

これらはペットとして飼われる犬が人と共存して生きていくために困らぬよう教え込むことです。
基本的には2つの方法があり、定期的に飼い主にペットを連れてしつけ教室に来てもらって指導するケース、もう一つは家庭犬訓練士の側から飼い主宅を訪れて指導するケースもあります。

日本動物専門教育協会やケネルクラブの認定資格

近年はペット犬も増え、犬に的確なマナーを覚えさせるための、トータルなアドバイスができる飼育・育成のエキスパートに対するニーズが高まりました。
また、一般的な飼い主とペットの「大切な家族の一員」としての信頼関係構築のみならず、コンテストや各種のイベントエントリーのための難易度の高い訓練が出来るプロトレーナーも求められます。

そこで日本動物専門教育協会が作った制度が家庭犬訓練士の資格です。
喜びや悲しみをともに分かち合うペットと人間が、快適に暮らすために求められる知識とスキルを持った証として、家庭犬訓練士ライセンスが作られたのです。
この資格を有すると家庭犬しつけ教室に限定されず広く動物に関する職種への就職に有利となります。
また、ジャパンケネルクラブは、家庭犬の訓練試験をCDと呼び、Ⅰ~Ⅹ まで各段階のレベルが設けられます。
CDⅠは5科目の試験ですが、ステップを追うごとに科目数が増え、Ⅹに至っては30科目ものテストが必要です。

家庭犬訓練士の魅力

ペットの癖に悩む飼い主が、トレーニングの結果癖が直って「これで仲良く暮らせる」と喜んでくれる時が一番喜びを感じられる瞬間で、この仕事の魅力です。
ただきちんと飼い主に指導しておかないとすぐにまた癖が戻ったと、残念な声を聴くことになります。