ブリーダーの仕事内容と魅力

  1. /
  2. /
  3. ブリーダーの仕事内容と魅力

犬を繁殖させ市場に送る

犬の交配や繁殖を担い、子犬をショップに販売したり直接飼い主に販売する等して市場に送り出します。
ペットショップにいる可愛い子犬達の大半はブリーダーの下で生まれています。
ブリーダーは単に親犬を飼育して子犬を生ませるだけでなく犬に関連した知識とスキルで、子犬たちが遺伝疾患を持たずに生まれるよう親犬を選別し、適切な飼育の支援を行います。

日本では表に立つ仕事ではないのでなじみは薄いのですが、外国ではペットショップは少なくブリーダーから子犬の譲渡を受けるケースも多く親しみのある職業です。
大半のブリーダーは、犬たちの日頃の飼育を行い、親犬をカップリングして繁殖させ、生まれた子犬を育ててペットショップに販売する仕事をします。
一部には展覧会やドッグショーにエントリーして賞を取るべく研究に励むブリーダーや異なる犬種をミックスして品種改良を業とするブリーダーも存在します。

ブリーダーは事業者に弟子入りしてスタート

既にブリーダー業を営む事業者にアシスタントとして入門して犬たちの世話をメインに行いつつ、遺伝疾患なく繁殖させるノウハウを習得して、独立を目指すケースが多いです。
独立して起業すれば、一日中犬たちを中心にした生活となり、日常の世話に限らず、病気や出産に当たっては夜間の見守りも必要です。
誕生した子犬達の多くはショップを経由して飼い主の下へ届けられる事になるのですが、近年はネットの発達によりHPを利用して飼い主に直販するケースも増加しました。

生き物を扱うブリーダーならではの魅力

ブリーダーのほぼすべての方は相当な動物好きです。
「動物とともに暮らす事に至極の幸せを感じ、それで生計が立てられるのであればいう事はない」と考えているブリーダーが多いです。
繁殖を業とするブリーダーが、特に喜びを感じる瞬間は新しい命の誕生の瞬間です。
手を掛けた動物が子を産んで親となる瞬間は何度立ち会っても涙が出るほど感動するそうです。
また、生まれたばかりの手の平に乗るサイズの小さな赤ちゃんが、日を追うごとに成長する姿を見守れることも魅力です。
ブリーダーは、毎日休暇を取ることなく、動物たちとともに暮らす生活を送りますが、動物たちと暮らすことが好きな方にとっては最高の仕事でしょう。

また、可愛がって育てた大切な動物も基本的にはいずれ他の人の手に渡ります。
動物と別れる事はもちろん寂しさも伴いますが、幸せに育ててほしいと願いを込めて新たな飼い主に引き渡し、喜んでもらうと大きな達成感を得ることが出来ます。
反対に、いつまで待っても新しい飼い主が見つからずに動物が育っていくと、不安が増します。

かわいらしい子供の内のペットを欲する飼い主と大事に育てた動物を譲り渡すブリーダーの橋渡しはネット社会の進展により、以前よりスムーズになったとも言えるでしょう。
ブリーダー直販のように飼い主ブリーダーの間に確かな信頼関係があれば、将来的に付き合いも出来、飼い主が動物の成長した姿を見せに来てくれるとやりがいを感じられます。