動物看護師の仕事内容と魅力

  1. /
  2. /
  3. 動物看護師の仕事内容と魅力

ペット病院での獣医師のアシスタント

メインの職場はペットクリニックで、ケガをしたり病気に感染したりしたペットの診察や処置に当たる獣医師のアシスタントをします。
病気やケガをした人の医療行為に当たる医師の支援が任務の看護師と異なり、動物看護師は正式な資格制度はありません
とはいうものの、ペットの命に関わる仕事であり、動物の病気や薬品についてハイレベルな知識が必要なプロフェッショナルな仕事です。

診察に関わる主な業務は、

  • 診察中にペットが動かないよう押さえる保定
  • 手術器具の準備や消毒
  • 入院中のペットたちのケア
  • 診察準備の体温や脈拍の測定
  • 病状や治療内容などを飼い主に説明する

などが挙げられます。
薬剤に関わる業務にクリニック内の保管薬剤の管理や薬剤販売会社への不足分の発注、獣医師が処方した薬剤の使用法を飼い主に説明して渡すなどが挙げられます。
その他に、病院事務一般に関することとして、受付窓口での対応や会計業務、電話やメールでの予約や問い合わせの対応など事務的な仕事を含めさまざまな事務が任されます。

動物看護士に求められる飼い主とのコミュニケーション

子供を病院に連れてくる親と同様、動物病院に来院する飼い主もペットも不安を抱いています。
そんな中、少しでも飼い主や患者の心が安らぐよう環境を整えて、獣医師が的確に短時間で処置を終えることが出来るようにしなくてはいけません。

そのためまず飼い主に安心感を与えられるように、適切なコミュニケーションで、的確に手早く病状を聞き出すコミュニケーション力が必要です。
診察に専念する獣医師よりも動物看護師の方が、飼い主と接する時間が長いのでどんな人とも上手くコミュニケーションが取れるという事は実は大きな要素なのです。

動物好きには最適な動物看護士の業務

動物看護師の魅力は、日常的に数多くのペットに触れ、動物たち囲まれた職場で働くことが出来ることが一番でしょう。
動物を愛してやまない方には最適な仕事でやりがいを感じることが出来るに違いありません。
動物看護師として活躍するほぼすべての方は動物好きが志望動機となったようです。
また、獣医師の診察や手術に立ち会って病気で苦しむペットを助ける仕事で、多くの命を救っていくにつれ人間性も成長出来る仕事です。

ペットの飼い主からも信頼される

ペットの飼い主との関わりも深く言葉の通じないペットに代わる飼い主と上手にコミュニケーションを交わし、的確で短時間の診察や手術のための情報を得ます。
またコミュニケーションスキルで不安なペットや飼い主をリラックスさせるのも重要な仕事で、一生懸命に仕事をこなしていくと専門知識も深まり高いスキルも身に着きます。
そうなっていくに従い周囲からの信頼を得ることが出来、どんどん自信も付いていきます。