ティーカッププードル

  1. /
  2. /
  3. ティーカッププードル

ティーカップほどの大きさ

ティーカッププードルは、その名前が示すとおりティーカップに収まってしまうほどの大きさの犬です。
体重は多くても2kg程度しか無く、それ以下の体重の犬も多いです。
性格はトイプードルと同じであり、人なつっこくて賢く、体が小さい分飼い主への依存度が高く甘えん坊になりやすいです。

賢く学習能力も高いので、しつけには従い、初心者でもしつけしやすいと言われています。
社交性もあり、他の動物や人にも警戒せず接することが出来、小さい子供がいるような家庭でも飼えます。
小さい子供がいると良い遊び相手にもなります。
犬は体が小さいほど臆病で神経質になる傾向があり、ティーカッププードルも臆病な個体が多いです。

見た目はぬいぐるみのように愛嬌があり、くるくるとした体毛が特徴です。
小柄な犬なので、シャンプーなどの手間もかからず、抜け毛が少ないので飼いやすい犬でありますが、ブラッシングはかかさず行なうべきです。
毛色はいくつもあり、毛の色によって性格が異なると言われています。
飼うとした場合は、事前にそれぞれの毛色の性格を見て、飼う犬を決めるようにすると良いでしょう。

生後6ヶ月ほどで成長が止まり、平均的な体重は1.5kgほどです。
体高は20cmほどであり、オスメスで差はほとんどありません。
ティーカッププードルとして飼ったのに、トイプードルほど大きくなるケースもあり、この場合はブリーダーを疑った方が良いでしょう。
また、栄養不足や未熟児をティーカッププードルとして販売しているケースもありますので、この点にも気をつけましょう。

体調を考慮して運動させる

飼うとなると、ティーカッププードルでも十分な散歩や運動はさせないとなりません。
ただし超小型犬とも言えますので、体調などを考慮して運動させないといけません。
小さいのでワクチンを打つことも出来ず、無理に外出させると感染症にかかることもあります。
可能ならば室内の日当たりの良い場所で運動をさせるのが理想です。
また小さい犬なので、段差などでも転ぶと骨折することもありますので、スペースのある場所で運動させる方が安全です。

トイプードルと同じく賢くしつけしやすい犬ではありますが、主従関係は教えて、甘やかして育てることはすべきではありません。
飼い主がリーダーとして育てていかないと、ティーカッププードルと言えどもワガママな性格の犬に育ちます。
特にペットショップなどから買って引き渡し後のしつけは重要です。
環境変化はそのままストレスに繋がり、発育や体長に影響を与えるからです。

自宅に来てからの2週間や3週間程度は、ケージの中で育てるようにするのがよく、まずは環境に慣れさせましょう。
そして1日30分や1時間ケージから出して、徐々に部屋に慣れさせていくべきです。