プードルの飛びつき

  1. /
  2. /
  3. プードルの飛びつき

プードルが飛びついてくる

愛犬がぴょんぴょんと飛びついてくる様子は飼い主としては可愛く思えるものです。
しかし、飛びつきはあまり良いものではありません。

プードルは様々な犬の中でも特に飛びつきをよく見かける犬種です。
飛びつきをすることはなぜいけないのでしょうか。
また、飛びつきを辞めさせる方法はあるのでしょうか。

プードルの飛びつきを止めなければならない理由

飛びつきの原因には様々なものがあります。
留守番をしていたところに飼い主が返ってきたり、遊んでいて興奮をしてきたり、かまってほしくて飛びついてきたりとその要因は様々です。

プードルは他の犬種に比べ、基本的にテンションが高めであり、そのため感情表現のために飛びつきが多い傾向があります。
運動神経もいいですし、身軽な体型なので飛びつきやすいのも理由の一つです。

トイプードルのような小さいサイズの犬であれば飛びついても問題ないように思えます。
しかし、小型犬であっても飛びついた相手が高齢者の場合には転倒してしまう可能性がありますし、転倒する場所が悪いと事故になりかねないです。
そこで、なぜ飛びついているかを確認するとともに、飛びつきをやめさせるようにしましょう。

飛びつき対策

犬によって飛びつく原因は様々です。
その中でも来客に対して飛びつくのはよく見かけます。
もしも来客があると相手に飛びつく傾向がある場合、飛びつけないように対策をするだけで効果的です。

たとえば、飛びつこうとしたら抱き上げてサークルの中に入ると飛びつこうとすると一緒に遊べなくなるということを学ぶことができます。
少しずつ経験をして飛びつきをしないように教えていけばだんだんと飛びつかなくなっていきます。

抱っこをして欲しくて飛びつくことはトイプードルに特に多いです。
一緒に遊んで欲しい、かまって欲しい、ということで飛びついてきた場合、すぐに抱っこをしてしまうと犬は飛びつけば抱っこをしてもらえると学習してしまいます。

そこで、犬から抱っこをして欲しいと飛びついてきてもすぐに抱かないようにすることが大切です。
まずは飛びつくのをやめさせておすわりをさせ、落ち着いたところでごほうびとして抱っこをしてあげるようにすると犬も学習して飛びつかなくなります。

散歩中に他の犬に飛びついてしまう犬も多いです。
対策は人に飛びつく時と同じで飛びつこうとしたらリードを引っ張り飛びつかないように指示をしたり、おすわりをさせたりします。

とはいえ、多くの犬が散歩している時間では何度も飛びつき対策をしていると飼い主も疲れてしまいますし、散歩もなかなか進みません。
そこで、まずは散歩をしている人たちが少ない時間から練習をはじめ、少しずつ慣らしていくと効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です