コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格をとるには

  1. /
  2. /
  3. コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格をとるには

ペット犬に人と暮らしていくルールをトレーニングする

ペット犬に人とともに仲良く暮らしていくために人間社会の基本的なルールを覚えさせるトレーニングをします。
具体的には他人や他の動物にかみつかない事や不必要に吠えない事、待て、お座りなどの基本的な指示に加えトイレのしつけに至るまで、自身で犬をしつけたり、ペット犬の飼い主に効果のあるしつけ法をレクチャーしたりするケースもあります。

この資格は持たなくてはその業務が出来ないという資格ではなく民間が認定する資格ですので、資格を持たなくてもドッグトレーナースタッフとして採用された場合、自称する事は可能です。

ただし、犬に関する知識を持たなければトレーナーとして活躍することは現実的には無理でしょう。
実際の求人を見るとコンパニオン・ドッグ・トレーナー専門としての求人は少ないのが実情です。
そのため犬に関する各種訓練士や動物看護師などの資格併せて持つことが極めて有利という事になります。
これら複数の資格を取得することにより、動物テーマパークやペットクリニックに就職して、経験を重ねて独立したりトレーナー養成講師となったりする事も出来ます。

ドッグ・トレーナーを取り巻く現状

最近のTVやSNSによるブームに乗りペットが飼えるマンションも増え、その増加に伴いペット関連のトラブルも増える傾向にあります。
そして、この事情は今後も継続するものと思われ、家庭で飼われるペット犬をしつけたりトレーニングをしたりするトレーナーへの社会的ニーズはますます高まるものと考えられます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格

認定団体は非営利法人の動物衛生看護師協会が運営しており、資格を得るには認定スクールの講習の受けたあとテストを受けてパスすることが条件です。
試験内容はペット犬のしつけとペットの飼い主への適切な飼い方の指導を始めとする知識やスキルが問われます。
試験を実施するのは同協会の認定スクールで、テスト結果の評価も実技テスト、面接テストの両方について認定スクールが決定権を持ちます。

受験資格を得るためにはいくつかのパターンがありますが、例を挙げるとペット犬のしつけトレーニングに関する3年以上のカリキュラムを持つ専門学校等の卒業者で、協会指定の講習会を受けて実技テストにパスする事が1つのパターンです。
資格試験の内容は、動物と衛生に関連した法令、ペット犬に関連した知識とスキル、飼い主へのペット犬のしつけ方の指導と助言の各分野で筆記、実技、面接のテストが実施されます。

資格の合格率は非公表ですが講習をきちんと受講していれば合格レベルに達するのできちんと受講しましょう。
資格試験日は、例年1月中旬で各地にある同協会の認定スクールにおいて実施されます。