動物看護士の資格をとるには

  1. /
  2. /
  3. 動物看護士の資格をとるには

獣医師の仕事をサポートする動物看護師

動物の健康管理や診察、手術、処置などを施す獣医師を支援するのが使命です。
今現在、動物看護師には資格を持たなければ業務に当たれないという制度はありませんが、大切な動物の生命にかかわる仕事ですのでハイレベルな知識が必要な専門職です。

主に担うのは、診察に関する仕事とクスリに関する仕事です。
診察に関わる仕事は具体的には、診察時に動物がじっとするように押さえる保定、処置に使う器具の準備・片付け、体温や脈拍の測定などバイタルを取る、診療結果などを飼い主に説明することなどです。
クスリに関わる仕事はクリニック内に保管するクスリの管理や不足分の補充注文、獣医師が処方するクスリの使用法や注意点の説明等があります。

そのほか事務全般も仕事範囲で、病状を聞き取り受付をしたり、会計業務を行ったり、電話やメールでの予約や問い合わせにも対応します。
さらには、クリニック内の清掃や消毒、診察に使うタオルの洗濯、ペットや飼い主がくつろげるクリニック内の環境整備なども行います。
特にペットがリラックス出来るという事は診察の質に大きく影響を与えます。
ペットが落ち着いて静かに診察を受けられると適切にスピーディに的確な診察が行えるのです。

重要な飼い主とのコミュニケーション任務

飼い主もペットと同様に不安な状況で来院します。
そんな状況の中、動物看護師が少しでも飼い主をリラックスさせることがペットをリラックスさせることにつながるのです。
ペットにとっての頼りは飼い主で、飼い主にとっての頼りはクリニック、つまり獣医師や動物看護師という事になります。
上述の通りペットがリラックスできることは的確な診察に繋がっており、そのためには飼い主に少しでもリラックスしてもらう必要があるのです。

動物看護師は診察時以外にも待ち時間やクスリの説明時間などにも飼い主やペットと接しますので、獣医師よりも接する時間が長いと言えます。
そのため人と上手くコミュニケーションを取る能力も求められます。

動物看護師の資格の現状

仮に動物看護師の資格がなくても動物クリニックで看護師として働くことは出来ます。
しかし、動物看護士の資格を取得しておけば、能力や資質の客観的目安となり、動物クリニックなどへの就職に際し有利なことは間違いありません。

従来、複数の民間団体が独自の基準で資格を認めていたのですが、平成24年から、小動物獣医師会など関連する5つの民間団体が協力して、資格の一本化を図りました。
これから動物看護師の資格が社会的地位を認められるに従い、将来は公的資格が制度化される可能性が期待されます。
動物看護学をおさめると受験資格が得られますので、目指すのなら動物看護関連の学校に入るのが近道でしょう。