意外とよくある「食糞」と対策

  1. /
  2. /
  3. 意外とよくある「食糞」と対策

食糞で悩んでいる飼い主は意外と多い

食糞というのは名前の通り犬が自分の糞を食べてしまうことです。
犬によっては自分のものだけでなく他の犬の糞を食べてしまうこともあります。

犬だけでなく、食糞というのはいろいろな動物にみられる行為です。
ただ、あまり良いことではないですし可能であればやめさせたいものでもあります。
どうすればやめさせることができるのでしょう。

食糞の原因

一般的に食糞は子犬のころに多く、成犬になるにつれどんどんと無くなるといわれています。
子犬のころは好奇心旺盛です。
まだまだ知らないことも多く、目の前に転がっている自分の糞に興味を持って遊びの延長で思わず食べてしまうことがあります。

また、犬の中には食事の量が足りていないために食糞をしてしまうことがあります。
糞の中にはドッグフードのニオイが残っているため、ご飯と勘違いして食べてしまうことがあるのです。
中には精神的なことが理由で成犬になってもなかなか自分の糞を食べるのがやめられないということもあります。

食糞をやめさせる方法

食糞自体は多くの犬が子犬のうちに経験することであり、異常行動ではないといわれています。
とはいえ決して衛生的に良いものではありませんし、辞めさせたいと思うものです。

最も簡単な食糞対策としてすぐに糞を片付けるという方法があります。
シンプルですが、これが意外と効果的です。
糞があるから食べてしまうので、愛犬が糞をしたらすぐに回収してしまうことで食糞を避けることができます。

愛犬と一緒に生活をしているとだんだんとトイレのタイミングもわかるようになるものです。
常に様子を見ておかなくてもトイレの時間がだいたいわかればそのタイミングで糞を回収すればいいのでさほど大変ではありません。

糞を片付ける際にはできるだけ静かに片付けるようにして何もなかったようにすると犬も糞に対して興味を持ちにくいです。
トイレトレーニングの間は正しい場所でトイレができたことで褒めがちですが、トイレができるようになったら褒めるのをやめトイレをしたことに対してリアクションをしないようにすると犬も糞に対して興味を持ちにくく食糞をしにくくなります。

トイレの場所がサークルのような狭い囲いのある場所の場合も食糞をしやすいです。
そういった狭い場所でのトイレの場合、トイレが終わって糞を回収する際にはすでに食糞をしていて糞がないということもあります。
少しずつトイレに慣れてきて狭いサークルでなくてもトイレができるようになった場合、トイレを広めの場所にすることで食糞を避けられます。

これらの対策をしてもなかなか食糞が治らないという場合は医師に相談をしてみましょう。
体調不良でないことも確認したうえで食糞対策をすれば治ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です