散歩のときの引っ張り癖対策

  1. /
  2. /
  3. 散歩のときの引っ張り癖対策

散歩中の引っ張り癖を治したい

愛犬との散歩はとても楽しいものです。
犬にとっても散歩はリフレッシュのための大切な時間ですが、中には楽しすぎてぐいぐいとリードを引っ張って歩いてしまう犬もいます。

リードの引っ張り癖がついてしまうとなかなか治らないですし、飼い主が転んでしまったり周囲の人に迷惑をかけてしまったりする可能性があるのでできるだけ早く治したいものです。
どのようにすれば引っ張り癖を治すことができるのでしょう。

引っ張り癖を治すために大切なこと

引っ張り癖を治すためにたいせつなことにリードを短めに持つようにすることがあります。
犬が自由に歩けないとかわいそう、と思う人もいますが、飼い主の足に触れるくらいの近い距離で歩いても犬にとっては全く問題ありません。
そこで、リードの長さは1メートルほどにして飼い主の近くを歩かせるように練習をすることから始めてみましょう。

最近では伸縮性のあるリードが人気です。
たしかに広い場所で自由に走らせるのには便利ですが、引っ張り癖を治すためには不向きとされています。

まだ引っ張り癖がある場合、犬が急に引っ張ったことでロックが外れて犬のリードが長く伸びてしまうと周囲の人に迷惑をかけてしまうこともあり危険です。
飛び出しすぎると車や自転車に轢かれる可能性もあります。
引っ張り癖が治るまでは伸縮性のリードは避けるようにしましょう。

アイコンタクトをとれるようにする

リードを短くすると犬と飼い主の距離は自然と近付きます。
そうすると飼い主の声が届くようになり、呼びかけると犬が振り返るようになり、自然とアイコンタクトをとれるようになるのです。

このアイコンタクトがとれるようになるのは引っ張り癖を治すだけでなく、日々の愛犬とのコミュニケーションを良好にするのにも効果があります。
様々なしつけの面で役立つことでもあるので散歩を通してアイコンタクトの九連をするようにしましょう。

引っ張り癖を治すための方法

散歩中に犬が引っ張ってきたら、すぐに立ち止まり犬を引き寄せることから始めます。
その際、止まって愛犬に対してダメとかノーとかといった声を掛け、引っ張ることが間違えていると教えるようにしましょう。
引っ張るのをやめたら褒めてあげると犬は引っ張らないといいことがあると学びます。

もちろん、これは一度で覚えて引っ張ることをやめるわけではありません。
引っ張り癖を治すためには繰り返しが大切です。

最初のうちは何度も引っ張ってしまい散歩が思うように進まないこともあります。
しかし、引っ張ると立ち止まる、ということを繰り返していくとだんだんと犬もスムーズに歩きたいという気持ちから引っ張ることをやめるようになり、自然と引っ張り癖を治すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です