スタンダードプードル

フランスの国犬

スタンダードプードルは、フランスの国犬のために、フランス原産であると思われがちです。
しかし実際は、発祥はロシアまたは中央アジアであり、長い時間をかけて地域の犬と交配し、ヨーロッパを横断してドイツからフランスに入ってきたと言うのが、もっとも有力だと言われています。

16世紀までは現在の形よりも大きいサイズだけが認められており、使役犬として荷車を引き、カモ狩りをするなどしていました。
足回りや足先などの一部を保護する毛を残して、カットする独特のトリミング方法は、カモ狩りの時のニーズが始まりとされています。

ドイツでは猟犬であり、フランスに入っても最初は猟犬でした。
17世紀になると小さいサイズにされたトイプードルが、フランス上流階級の人々の間で流行ります。
賢いプードルはスダンダード以外のサイズも、サーカスで活躍したり、トリュフ探しに使われるなど、様々な目的で使用されます。
その都度目的に応じて改良が行なわれたと考えられますが、トイサイズまで小さくなった経緯は不明です。

大型のスタンダードプードルは、他のサイズと比べるとやや神経質ではありますが、その他の性質は変わりありません。
訓練性能や知能、基本的性格も各サイズほとんど同じです。
最近はトイプードルよりも小さなタイニープードルなども登場していますが、やはり性質は変わりありません。

体力のある犬

もともと猟犬であり、体力はあります。
好奇心も強く、体力を余らせると室内ゲージなどを荒らすなど、暇つぶしと欲求不満をぶつけることがあります。
そのために飼う場合は、十分な運動とゲームなど好奇心を刺激する運動をさせて、余裕があれば水泳もさせた方が良いです。

抜け毛はそれほど多くはなく手入れは簡単な犬ですが、日々のブラッシングを怠ると毛がフェルト状になります。
出来れば毎日、少なくとも週に2回から3回はブラッシングするべきです。
プードル独特の手足や頭の毛を残すトリミングは、ある程度毛が長くないと行えません。
もしもトリミングを予定しているなら、毛が絡まないようにして伸ばさないとなりません。

賢く、家族や飼い主に対して愛情深く、他の犬や人にも上手く接します。
プードル全般に関わることですが、クッシング症候群など、副腎に関わる疾患を発症しやすいです。
診断には血液検査が必要なので、元気がなかったり様子が変だと感じたら、一度医者に診せた方が良いです。

また骨折の多い犬種とも言われており、体力があるので激しく動くことも多く、高いところからジャンプするといったこともします。
運動能力は高いですが、着地で負担のかかるような運動を行なったり、無理に運動すると骨折や関節炎を起こしますので、注意すべきです。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら