シャンプーの注意点

シャンプーを怠ると体臭がしてくる

トイプードルにしても、シャンプーは2週間から3週間に1回くらいは行なうのが理想です。
それ以上間を空けて行なったり、シャンプーを長い期間行なわないとなると、次第に体臭がしてきてしまいます。
時には様子を見ながら行い、体臭がするなら早めにシャンプーしてあげても良いでしょう。

予防接種や投薬後はシャンプーを控えた方が良いという話もありますが、その場合は獣医さんと相談すると良いです。
特に体力が落ちていたり、弱っているときは無理にシャンプーはすべきではありません。

おすすめのシャンプー

使うシャンプーをしては、もちろんペット用ですが、泡立ちがマイルドで香りの良い「ラファシーズ」がおすすめです。
弱酸性なので肌の弱いトイプードルでも安心です。
毛玉になりにくく、フケが軽減されるという効果があります。

その他にも、イオンの力で洗う「アクアゼオ」もおすすめです。
イオンで除菌・消臭・抗菌効果を発揮し、皮膚トラブルや痒みのある犬におすすめです。

シャンプーの仕方

まずは、シャンプーする前には、必ずブラッシングしてコームで毛玉やもつれがないかを確認します。

・プレシャンプー

これはシャンプーをする前のすすぎであり、お湯の温度を確認してから、頭部から後方にかけて濡らしていきます。
シャワーヘッドは犬の頭に密着させて行なうと、やりやすいです。
お湯はぬるめの36度ぐらいにすると良いです。

鼻に水が入ると、誤って肺に入る可能性もありますので、頭部などを濡らすときは手でノズルを押さえて、顔を上向きにしながら行ないます。
耳は脂分が多いところなので、毛の根元まで水を浸透させるようにします。

毛の表面のみならず、皮膚までしっかりお湯を行き渡らせたら、プレシャンプー終了です。
乾いているところがないか、確かめましょう。

・シャンプー

次にシャンプーを行ないますが、最初はおおまかな汚れを落とすために行ないます。
手順としては、まずシャンプーを全身に付けていきます。
シャンプーが目に入らないように気をつけながら行い、顔も洗うようにしましょう。
耳は脂分が多いので、耳元までしっかりと洗うようにします。
全身を隅々まで洗ったら、肛門線をしぼります。

前方から後方、上から下へと順にすすいでいきます。
お腹は手のひらにお湯をためて、お湯を押し当てる感じですすいでいきます。

全身のすすぎが終わったら、今度は仕上げのシャンプーです。
最初のシャンプーである程度汚れが落ちているので、2回目はシャンプーは少なめで良いです。
特に額と鼻のつなぎめのストップと言われる部分は汚れやすいので、目にシャンプーが入らないように気をつけて洗いましょう。

口の周りも良く洗い、足先は爪の裏なども洗います。
泡で洗う感じで行い、ゴシゴシと洗わない方が良いです。
よくすすいで洗い残しがないように確認した後は、リンスやコンディショナーも行なってあげても良いです。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら