プードルの爪切り

a0800_001172

できれば飼い主さんにやってもらいたい爪切り

室内犬であるプードルは定期的に爪切りをする必要があります。

よく「きちんと毎日屋外を散歩させていれば爪切りの必要はない」というような意見を聞きますが、実際のところそうしていてもきちんと定期的な爪切りを欠かすことはできません。

というのももし散歩中に路面を歩くことである程度爪の先に摩耗が起こるとしても、それが足先4本の爪に均等に起こるわけではないからです。

ずっと屋外にいる犬ならともかく、室内犬の場合にはフローリングの上を歩きまわったりいろいろと引っかかる部分の多い環境にいるわけなので、伸びっぱなしにしているとちょっとしたタイミングで爪先をひっかけて剥がれてしまったり、割れてしまったりすることがあります。

足先に怪我をしてしまうと思う存分走り回ることができなくなってしまうので、大きなストレスをペットに与えてしまいます。

飼い主さんは爪が伸びていると思ったときにすぐ対応できるよう、自宅でできるカット方法を練習しておいてください。

爪切りはゆっくり確認をしながら

プードルの爪切りをするときには、一度にたくさん切ろうとせずゆっくり少しずつ様子を見ながら切っていくのがコツです。

トリマーさんのようにきちんと時間をかけて実習をされてきた人なら一度でもすぐどこまでなら切れるかを判断することができますが、初めて犬の爪に触れるという人の場合にはどこまでなら切っても平気かがわかりづらいものです。

不用意に切りすぎてしまうと神経の部分にまで達してしまい大切なペットの体を大きく傷つけてしまうので、最初は短く切って足を床につけさせて飛び出ている長さを確認しながら丁寧に切って行ってください。

コツとしては切ったあとの爪の断面が白っぽく乾燥しているうちはまだ切れる長さで、断面が湿っぽく根本が柔らかくなってきたら血管の近くです。

焦らずじっくり慣れていくようにしましょう。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら