プードルの毛

a0002_001121

プードルの世話の一番の肝

プードルを自宅で飼おうということになったときに、飼い主さんの全てにきちんと覚えてもらいたいのが毛のケア方法です。

トイ・プードルは今やペット犬としてダントツの人気を誇っている犬種ですから、もしかしたらあまり犬種の特徴などを意識せず「かわいいから」という理由だけで購入してしまっている人もいるかもしれません。

ですが比較的飼いやすいペットのトイ・プードルでも、毎日の毛のケアだけは欠かす事はできないのです。

トイ・プードルだけでなくスタンダードプードルやミニチュア・プードルなど全てのプードルの特徴ですが、体全体を覆っている長い毛並みは犬自身できれいに整えることはできません。

しかもプードル犬はとても活動的な性格をしているため、1日の終わりにはあちこちを転げまわってかなり毛並みが乱れてしまっています。

そんなとき1日一回は丁寧にブラッシングをしてあげることできちんときれいな身だしなみをしていくことができます。

手入れを怠ると体中に毛玉がたくさんできて見た目も動きもかなりつらくなってくるので、サボらずにやってあげてください。

トリミングは自分でもできます

もう一つプードルの世話で欠かせないのが長くなった毛をカットするトリミングです。

プードルのトリミングはペットショップなど専門店なら必ず対応してくれるスタッフがいるはずですが、毎回お願いするのもちょっと負担が大きいですね。

プードルの毛をカットしないでずっと伸ばしっぱなしにしてしまうと顔の周りを全体的に毛が覆ってしまうなど、前が見えなくなったり動きにくくなったりとまた大変なことになってしまいます。

もし全身のカット方法にそれほどこだわりがないという飼い主さんなら、定期的なトリミングの数回に1回くらいは自分でカットに挑戦されてみるというのもいいかもしれません。

実際最初の頃はお店でやってもらってはいたけれども、大きくなってきたので自分でもやってみたという飼い主さんもたくさん見られます。

全部を切らなくても長くなって絡まった部分だけでも手軽にトリミングしてあげるとそれだけでかなり動きがとりやすくなるので勉強してみるのもおすすめです。

ブラッシングの簡単な方法

毛の長いプードルは1日1回は丁寧にブラッシングしてあげることを忘れないでください。

その際には人間用のクシを使うのではなく、犬用のできればプードル用として記載のあるものを購入して説明書にしたがって使用をするようにしてください。

便利なのが「スリッカーブラシ」と呼ばれるブラッシングをしながら抜けそうな毛を取り除くことができる道具で、これで毛並みをすいていくことで絡まり部分を解きつつ、あらかじめ抜け毛になりそうなところをきれいにしていくことができます。

毎日のブラッシングを丁寧にしていくと、家の中に散らばる抜け毛も少なくしていくことができるので結果的に家事の作業は少なくなるというメリットもあります。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら