プードルの耳掃除

a0782_000406

プードルは外耳炎を起こしやすい

プードルが動物病院を受診する理由として上位にランクされているのが中耳炎や外耳炎といった耳の病気です。

プードル犬はどの種類も耳がだらんと垂れ下がる形をしているため、どうしても耳の内部に汚れがたまりやす、分泌される脂のために粘膜が細菌感染しやすくなってしまいます。

ですのでプードルの飼い主さんは定期的に耳の掃除をしてあげるようにし、状態をこまめに確認してあげるようにしましょう。

耳をキレイにしていると犬独特の匂いもおさえる効果があるので部屋の清潔にも役立ちます。

犬の耳掃除には専用のローションなどが売られているので、そうしたものをまず1本購入してみてください。

大きな耳は洗うのも楽です

動物病院やペットサロンなどで耳掃除をお願いすると、作業料込みで1500~2000円くらいが1回あたりかかります。

カット料金などに比べると安いものですが、定期的にやるとなるとかなりの出費になってくるのでできれば自宅でできるケアは自宅でできるようにしておくことをおすすめします。

耳の大きな犬の場合、耳掃除といっても細かい作業が必要なわけではなく専用のローションを耳の内側に適量つけて揉むようにして洗っていくだけです。

耳の穴内部については深くまで掃除をする必要はなく、ティッシュか綿棒で奥1cmくらいの浅い部分までを同じように拭きとってあげれば完了です。

問題は耳内部にたまる体液の脂なのでこれをとってあげるだけでかなり病気の発症率をおさえることができます。

時々はプロにお願いするともっときれいに

自宅でできるケアは自宅でするのがよいのですが、それでもプロだからできる施術があることもまた確かです。

普段は自分で行っているシャンプーや耳掃除も、数ヶ月に一度くらいはプロのトリマーさんにまかせてやってもらうとよりすっきりとキレイな状態にすることができます。

見よう見まねだけでやっているとどうしてもやり方が不十分だったりすることもあるので、できればプロの施術を見学などさせてもらい自宅のケアに生かしていきましょう。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら