耳掃除の注意点

犬の耳の構造と汚れやすい部分

犬の耳の構造は、外耳・外耳道・鼓膜・中耳・内耳という部分で構成されています。
特に耳掃除で大切なのは外耳道であり、ここがいわゆる耳の穴と言われる部分です。
犬の外耳道は人とは違い、L字型になっており、直接鼓膜を見ることは出来ません。
更にゴミや虫の進入を防ぐために、耳の中に毛が生えています。

犬によっても耳が汚れやすい犬種もあり、シーズーやアメリカンコッカースパニエルなどは、特に耳の中が汚れやすいので、こまめな掃除が必要です。
ただ人も耳の穴をしつこく力を入れて掃除すると、痛めて血が出るように、犬の耳もデリケートな部分です。

イヤークリーナーの使い方

犬の耳を掃除する場合は、必ず液体で揮発性のイヤークリーナーと、出来ればベビー用の綿棒を用意しましょう。
耳を掃除するときは、綿棒にイヤークリーナーを付けて、耳を横に開くような形にして、綿棒を耳の穴に入れて、優しく押します。
強く押すと、外耳道を傷つけてしまうことがありますので、優しく力加減を調節して掃除しましょう。

綿棒がそれ以上押せなくなったら、綿棒を入れた状態で、耳の付け根の下あたりを優しくもみます。
そして綿棒をゆっくりと抜いていき、汚れがあるかどうか確かめましょう。
この一連の流れを繰り返して、綿棒に汚れが付かなくなるまで掃除します。
このときに犬が嫌がったり、暴れたりすると耳の中を傷つけるおそれがあるので、暴れる犬には耳掃除は難しいです。

ただ暴れるような犬なら、イヤークリーナーを直接耳の穴に入れる方法があります。
そうすると犬は暴れて顔を振り、耳の中のイヤークリーナーを外に飛び出させます。
最後に飛び散ったイヤークリーナーを拭いて掃除は終わりです。
必ずイヤークリーナーはクリームなどでなく、液体状のものを使います。

汚れが酷いと自宅での掃除が難しいので、動物病院などで診察するか、プロに掃除をお願いすると良いです。

耳毛の処理

耳の中の毛はツルツルに完全に除去するのも良くなく、逆にぼさぼさにありすぎるのも良くないです。
耳毛は、ゴミや虫が入らない程度に残しておき、なおかつ通気性を保てるように適度に除去します。

自宅で毛を抜く場合は、滑り止めパウダーを使用すると良いです。
パウダーは粉末なので、耳の中に直接入れてはいけません。
自分の指先につけて使用し、犬の耳を開いて、毛の生えている方向に向かって少しずつ抜いていきます。
一気に沢山の毛を抜くと犬が痛がるので、少しずつ抜いていきましょう。
ただし耳の中の汚れが酷い場合は、毛を抜くとそこから炎症を起こすので、毛を抜いてはいけません。
トリミングを行なうときに、耳の中を洗浄してもらうと、耳のトラブルが起きにくくなります。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら