プードルのカットスタイル

a1470_000038

プードルおすすめのカットスタイル

大人気のプードルですが、そのもとになったのは新しく登場した「レッド」の毛の色を持つトイ・プードルの登場です。

レッドのトイ・プードルは「テディベアカット」というまさにクマのぬいぐるみそっくりにカットするスタイルが非常によく似合い、キレイに切ってもらうと本物のぬいぐるみが命を持って動き出したかのようなファンタジー的なかわいさになります。

そのためレッドやブラウン、カフェオレ、アプリコットといった赤~茶系統の色をしたトイ・プードルは一度はそのテディベアカットをするのが通常です。

もちろんブラックやホワイト、その他の色のトイ・プードルがテディベアカットにしても全く問題なくまたそれはそれでとてもかわいく仕上がりますので一度はやってみてもらいたいです。

昔から見かけるプードルのカット

レッドのトイ・プードルが登場する前までは、スタンダードプードルやミディアムプードルなどでよく使用されてきたのが「ラムクリップ」という独特のカットスタイルです。

「ラムクリップ」とは、毛を伸ばしたプードルの顔の周りと足先を短く刈り込み、まるで羊のように見える形にカットする方法です。

プードル向けのカット方法としてこの顔周りだけを短くして頭頂部や耳の毛はフワフワのまま残しておくという方法は多く使われます。

「ラムクリップ」のちょっと応用したものに「アルパカカット」というものもあり、これは顔周りと耳の周りの毛を短くしてしまうことで頭全体を丸まった感じに仕上げることでできます。

見た目が本当にアルパカらしくなるので、白系の色のプードルにとてもよく似合います。

カットをしたらアクセサリーも

散歩をしているプードルの多くは、首にバンダナを巻いていたり頭にリボンをつけていたりすることもよくあります。

小型犬向けの服やアクセサリーはとてもたくさん販売されており、ちょっとお裁縫が得意な人なら自分で作ることもできます。

せっかく可愛くカットしたならアクセサリーにもこだわりたいとことです。

プードル写真集や専用雑誌も発刊されているので、ぜひおしゃれな外のプードルを参考に個性的なスタイリングを試してみてください。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら