犬の爪切りのコツ

  • -

犬の爪切りのコツ

犬も爪が伸びてくることがある

トリミングしているイラスト人が時々行なうことに爪切りがあります。
爪はだんだん伸びてきて、あまり長く伸びすぎると色んな所に引っかかって怪我をしてしまうことがあります。
犬もこれと同じく、爪が伸びて怪我をしてしまうことがあります。

犬は本来外で走り回っている時には爪が徐々に摩擦で削れていくためわざわざ爪切りをする必要がありませんが、人と一緒に生活して安全な場所に住むようになると爪が必要以上に伸びることがあります。
こうした時には人が爪切りをしてあげることが必要になります。
爪切りをしてあげると犬もまた走り回れるようになるので喜んでくれます。
ここでは犬にとっての良い爪切りをご紹介します。

犬の爪切りのポイント

犬の爪切りのポイントは、まずは爪切りを楽しい行為だという風に感じてもらうということです。
爪切りは犬がじっとしていないと切ることができませんが、犬の中にははしゃぎまわるのが好きな犬もいます。
こうした犬の場合、じっとした状態できれいに爪を切るのが難しいことがあります。
爪切りで大人しくしてもらうためには、まずは楽しい雰囲気を作ることが大切です。

一緒に楽しく過ごそうというスタンスで爪切りをしようとすれば、犬もこれから遊ぶんだというように感じてくれます。
また、爪切りの時にもけして動揺することなく犬の爪を切るようにすると、すんなりと爪切り中に大人しくしてくれることになります。
このように、雰囲気作りもとても大きなポイントなので、ぜひチェックしておくことをおすすめします。

犬の爪切りに必要なものは、爪切りとヤスリです。
爪切りはカットしやすいものを選ぶのが基本です。
通常の人が使うような形の爪切りだけでなく、ハサミタイプでより使いやすいものもあるので、そうしたものを活用するのもおすすめです。

ヤスリも用意しておきましょう。
特に犬は走り回ることが多いので、引っかかって怪我をしてしまう可能性もあります。
ヤスリで磨けばきれいに丸くなるためトラブルを避けることができます。

爪を切る時は、丸く引っかからないように

犬の爪を切る時には、単に短くすれば良いというものではありません。
必ず丸く、カーペットなどでも引っかからないような爪に仕上げるように心掛けてほしいと思います。

定期的に爪切りはした方が良いですが、目安としては床を犬が歩いている時に、爪の音がするかどうかです。
爪の音がしているということは爪が伸びすぎているということなので、早めに切ってあげましょう。
また、犬を傷つけないように気をつけながら切るようにしましょう。
爪は小さなパーツですが、犬の健康のためにはきちんとケアをしてあげることが大切です。
ぜひあなたの愛犬もチェックしてみてくださいね。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら