犬のトイレトレーニングについて

  • -

犬のトイレトレーニングについて

犬のトイレトレーニングをしよう

犬をこれからしつけていくという方がまずしつけたいこととして、トイレがあります。
どんな犬でもトイレに行きたくなることはあるものなので、最初にしつけておくことで手間をかけずに飼うことができるようになります。

illust_s_06しつけのしやすさは犬の種類によって異なります。
覚えやすい犬種としては、プードルやラブラドール・レトリバー、シェパードやシーズーなどがあります。
また、覚えにくい犬種としてはダックスフンドやポメラニアン、チャウチャウ、ダルメシアンなどがあります。
覚えの良さに違いがあったとしても根気よくしつけることで覚えてもらえるようになるので、しっかりとしつけることが大切です。

トレーニング前に準備しておくべきもの

トイレのトレーニングをする前には準備しておくと良いものもあります。
最初にチェックしてからトレーニングに入りましょう。

用意しておくと良いものとしては、まずは時間です。
これは実際の物ではありませんが、しつけのためには比較的時間がかかることがあります。
また、トイレをするタイミングでしつけをする必要があるため、トイレのタイミングまで待つ必要があるのです。
少し時間がかかりますが、事前に頭に入れておくようにすれば心の準備ができるはずです。

フローリングまた、部屋はフローリングがおすすめです。
カーペットや和室の部屋で行なうと、汚れてしまう可能性が高いです。
犬のトイレのトレーニングなので、汚れてしまうとちょっと抵抗が出てくる方もいるはずです。
そうならないためにも、フローリングですぐにお手入れができる部屋で行なうことをおすすめします。
汚れてからでは遅いので、先に準備しておきましょう。

また、シーツも用意しておくと良いです。
トイレにシーツを用意しておくと、シーツに犬のにおいがつきます。
これで犬も自分の場所だという安心感を持ちやすくなり、よりトイレの場所にスムーズに向かってくれます。
安価なものもたくさん市販されているので、用意しておきましょう。

ケージも用意しておくと良いです。
トイレのスペースをケージにしておくと犬もトイレの場所が分かりやすくなるので、より覚えてくれやすくなります。
また、犬が出入りしやすい扉になっていることも大切です。

必要なものを整えて、いざトレーニング

こうして準備が整ったらトレーニングを行ないます。
犬がトイレをしたそうにしていたら、犬をトイレのスペースに連れていきます。
そして、トイレが上手くできたら、ほめてあげるようにします。
しっかりとほめていることが伝わるように、声をかけて頭をなでて、エサをあげましょう。
こうすることで、犬も良いことをしたんだということを感じてくれやすくなります。

これを繰り返して自分でトイレに行くようになるまで繰り返します。
根気良くしつけていきましょう。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら