犬の健康チェック

  • -

犬の健康チェック

犬の健康チェックをしよう

くまさんの医者_イラスト犬も時には体調を崩してしまったり病気になってしまうことがあります。
人も体調不良や病気になることがありますが、日々の生活の中で大切になるのが健康チェックです。
予防のためにとても役立つので、犬の健康状態についてもしっかりとチェックしておきましょう。

日々健康に愛犬が過ごしてくれることで、あなたの生活も楽しくなるはずです。
ここでは健康チェックのために必要なポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

静かに過ごしている時の呼吸に注目

眠る犬のイラスト犬の健康状態をチェックする際にポイントになるのが呼吸です。
静かにしている時の呼吸がどのようになっているかをチェックすることで、普段と違う呼吸になっていると体調不良などが起きている可能性が高いです。

呼吸のチェック方法は、普段の健康な状態での呼吸の回数を測定しておきます。
3回ほど測定して平均を計算すれば普段の健康な状態での呼吸の回数が分かるので、それと大きくずれていることがあれば体調不良や病気を疑うと良いでしょう。
また、体温、脈拍数も合わせてチェックしておくことをおすすめします。
こちらも普段の状態と比較することで異常がないかを確認できます。

多くの犬に共通する数値としては、呼吸の回数は小型犬で1分間に20回から30回ほどになる犬が多いです。
大型犬の場合は1分間に10回から15回ほどの回数になることが多いです。
犬の呼吸は聞くことができますし、胸が動いています。
この動きのサイクルを測定することで回数をカウントすることができます。

体温もチェックしておきましょう。
体温計で測定することができますが、犬のお尻から体温計を入れて測定します。
人と同じくらいの体温の犬が多く、37.5度から39度ほどの体温なら正常です。

また、普段のトイレからもチェックすることができます。
ちょっと大変かもしれませんが、普段の犬のうんちやおしっこの状態をチェックしておきましょう。
毎日トイレをする回数や、うんちなどの色もチェックすることで異常がないかを知ることができます。
正常でない時には明らかに見た目やにおいから分かるので、すぐに気が付くことができます。

頻繁にトイレに行く時にはストレスを感じていることも多いです。
何か大きな症状が原因でストレスを感じていることも多いので、散歩などに出かけた時に見ておきましょう。

犬も体調を崩すことはある

このように、犬の健康状態をチェックしておくことはとても大切です。
犬も日々色んな所を走り回り、時には細菌などが体に住み着いてしまうこともあります。
そうすると体調不良にもつながりやすくなってしまいます。
ぜひ日々こまめにチェックして、愛犬の異変にすぐに気付いてあげられるようにしておきましょう。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら