愛犬を上手に撮るコツ

  • -

愛犬を上手に撮るコツ

愛犬を写真に収めよう

カメラのイラスト犬と日々一緒に過ごしていると写真を撮りたくなることもあると思います。
愛犬の可愛い姿を写真に撮っていると、一緒に過ごしている時間だけでなくどこにいても愛犬を楽しむことができますし、思い出や成長の記録として残すこともできます。

愛犬を撮影する時には何気なく撮っている方もいるかもしれませんが、撮り方には上手に撮るコツもあります。
ここではそのコツについてご紹介します。
あなたの愛犬ライフもさらに楽しくなるので、ぜひマスターしてくださいね。

愛犬の撮影のポイント

愛犬を上手に撮影するポイントとしては、まずはカメラ慣れしてもらうということです。
愛犬もカメラをいきなり向けられると身構えてしまうので、徐々に慣れさせてから撮影するとスムーズです。
最初は上手く撮れなくても良いので、犬に慣れてもらうことから始めましょう。
だんだん見慣れてくると武器などではないということが犬にも分かってきます。
また、おもちゃなどを用意して遊びながらカメラを向けていると、これは遊びなんだと思ってくれるようになります。

こうしてカメラに慣れてきたら、アングルにこだわって撮影してみると良いでしょう。
360度だけでなく、上から撮影したり、犬よりも低い位置から撮影するのもおすすめです。
よりダイナミックな写真を撮ることができ、本格的なプロのような写真を撮ることができますよ。
同じ犬を撮影するのでもこうしたテクニックでずいぶん印象が違ってきます。
色々試行錯誤しながら撮影してみてほしいと思います。

girl_lまた、場所を変えて撮ってみるのもおすすめです。
特徴のある背景で撮影すると犬の雰囲気もさらに変わって見えます。
試しに花畑などがあれば、その中で遊ぶ愛犬の姿を撮影してみると良いでしょう。
いつもとは大きく違う雰囲気を感じることができて、思い出に残るショットになります。

さらに、光の加減や角度にも注意して撮影するのもおすすめです。
光も写真には重要なポイントです。
正面から光が当たっている場合と、逆行で背後から光が当たっている場合で雰囲気が変わってきますし、横や斜めからでも雰囲気が変わります。

色んな写真を撮影して愛犬の思い出を残そう

以上、写真撮影のテクニックについてご紹介してきました。
ここでご紹介したポイントに気をつけて写真を撮るだけでも今までとグッと違った雰囲気の写真を撮ることができるようになります。
ぜひ取り入れてみてくださいね。

写真が上手く撮れるようになると撮影が楽しくなり、愛犬を思い出に残せるようになります。
あなただけのオリジナルアルバムを作るのもおすすめです。
スマホなどでも上手く撮れる撮影グッズが市販されているので、活用してみるのも良いと思います。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら