犬の歯磨きについて

  • -

犬の歯磨きについて

犬も歯磨きが大切

歯ブラシ犬は自然の中で生活している時には歯磨きをすることはありませんでしたが、人のペットとして飼われるようになってからはエサとして様々な物を食べるようになりました。
ドッグフードやフルーツなどを食べることもありますし、時にはクリームなどがついたものを食べるときもあるかもしれません。
食べる物が変わってきて、犬も虫歯になることも出てきました。

そして、犬も年齢を重ねると歯石がつき、歯周病や口臭の原因になってしまいます。
まさに人と同じような口の中のトラブルが起こるようになってきているのです。
こうしたトラブルを防ぐためには、犬にも歯磨きが大切です。
ここでは犬の歯磨きについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬の歯磨きのポイント

犬の歯磨きは人がしてあげる必要があります。
犬が自分で歯磨きをすることは難しいので、抱っこして歯ブラシで歯を磨いてあげることできれいにしていきます。
歯磨きのポイントは沢山ありますが、まずは歯磨きという行為に慣れてもらうことが大切です。
犬も初めて歯磨きをする時にはびっくりしてしまいます。

いきなり口に棒のようなものを入れられて、一体どうなってしまうんだろうという不安にもかられます。
そのため、楽しい雰囲気を作ってまずは歯磨きに慣れてもらうことが大切になるのです。
最初の数日はあまり歯磨きを行なおうとせず、楽しい雰囲気での歯ブラシに慣れてもらうと良いでしょう。
こうして抵抗感がなくなってきてから本格的な歯磨きに入ります。

歯ブラシや歯磨き粉は犬用のものを使うことをおすすめします。
歯ブラシは特に人用のものでも対応することができますが、犬用の方がより専用の器具なので使いやすいようにできています。
また、歯磨き粉は化学成分が入っているので犬用のものを必ず使いましょう。
人には問題ない成分でも、犬にはとてもダメージの大きい成分であることはあるのです。
犬用の歯ブラシや歯磨き粉はペットショップで購入することができるのでチェックしてみると良いでしょう。
細菌はネットショップなどでも購入することができ、より便利に買い物ができるようになっています。

ただし、実物を見ることができないので、なるべくペットショップで実際に使いやすそうなものを見て選ぶことが大切です。
あなたも磨きやすく、犬にも負担がかかりにくいものを選ぶことをおすすめします。

犬の歯磨きをしっかりと

ハブラシとコップ異常、犬の歯磨きのポイントをご紹介してきました。
犬の歯も少しずつ汚れていっているので、なるべく定期的に磨いてあげると良いでしょう。
毎日でなくても良いですが、数日に1回は磨いてあげることでペットも気持ち良く過ごすことができますし、あなたにとっても良いはずです。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら