犬はどこで買うのがいいの?

  • -

犬はどこで買うのがいいの?

犬の飼い方には種類がある

building_house01これから自分の家族の一員として犬を購入しようと思っている方は、どこで購入すれば良いのか迷っている方もいるかもしれません。
犬を購入する場所はペットショップが思い浮かぶ方も多いと思いますが、他にも種類があります。
ネットで販売しているペットショップもありますし、現在飼い主の方がいて、それを譲りたいというプリーダーの仲介サイトというサイトも登場しています。
また、どうぶつひろばという所でも購入することができます。

ここではそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介していきます。
ぜひ参考にしてあなたの犬の購入に役立ててほしいと思います。

犬の購入場所のメリットとデメリット

犬の購入の仕方の一つめは、ペットショップです。
最近のペットの購入のしかたの最も一般的なものとなっており、多くの方がペットショップで購入しています。
メリットとしてはやはり手軽という点です。
実際に見に行って購入することができるので、自分が「この子がいい」と思った犬を選んで購入することができます。

また、ショップのスタッフの方に相談することができるのも大きなメリットです。
どんな点に気をつけたら良いかが分かるので、初心者の方でも安心して購入することができます。

ネットショップでの購入も最近は多くなってきています。
ネットでの販売は実際の様子をしっかり見ることができないので注意する必要があります。
最近では動画などで様子を確認できることもありますが、やはり生き物なのでネットで購入するのに少し抵抗がある方もいると思います。
最近は徐々にサービスの質も向上してきており、より安心して購入できるサイトも増えてきているので、検討してみるのもおすすめです。

やはり全国どこからでも購入することができるので、自分が探している犬種なども見つけやすいです。
気になることなどは電話で問い合わせして、確認してから購入ができるショップも多いです。

ブリーダーの仲介サイトもおすすめの方法です。
これは現在飼い主の方がいる犬を譲り受けるという方法です。
ブリーダーとして元々犬を飼っていた方から譲り受けるので、良い状態の犬を購入できる可能性が高いです。
人に慣れていることも多いですが、元の飼い主の方に慣れている場合もあるので、あなたになついてくれるまでに少し時間がかかる場合もあります。

信頼できる提供元から購入できる可能性も高いので、活用すると良い犬を購入できる可能性が高いです。
一度チェックしてみて検討するのもおすすめです。

あなたに合った犬を見つけよう

このように、犬の購入の仕方には様々な種類があります。
それぞれの購入方法を検討して、あなたが納得のいくペット選びをしてくださいね。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら