プードルのご飯

IMG_0561-540x360

専用のドッグフードがおすすめ

プードルを含む犬への食事は、基本的には専用のドッグフードを与えるようにすることが推奨されます。

かつては犬などペットの餌は人間の残飯が与えられることが多かったのですが、現在では一般の人の食事の内容そのものが脂質やタンパク質が過多となっているのでそのまま与えてしまってはみるみる肥満になっていってしまいます。

ペットフードは値段もお手頃ですし、何より犬種にあったものを選べば必要な栄養素をしっかりととることができるので、できたら毎回決まったメーカーのものを継続して食べさせてあげるようにしましょう。

犬はものを食べるとき人間のようにきちんと咀嚼をせずに丸呑みをするという性質がありますから、人間が食べるものをそのまま与えてしまった場合、食道を傷つけてしまったり口にうまく入らず食べにくさを感じてしまうことになります。

犬にとって食べやすい大きさや硬さまで考えて作られているのがペットフードなので、使用するときにはきちんと注意書きを読み、必要な手間をかけて与えるようにしましょう。

大型犬用・小型犬用のドッグフード

初めて犬を飼おうとしてドッグフードを買いにいくと、ずらりとたくさんのメーカーのものがあることに気が付きます。

メーカーはどれでもよいのですが、まずはきちんと「小型犬用」もしくは「プードル用」とはっきり記載されているものを選ぶようにしましょう。

よくある質問として「ドッグフードの大型犬用と小型犬用はどう違うんですか?」というものがありますが、ズバリ含有されている栄養分が大きく異なります。

大型犬の場合、体の大きさの分筋肉の量が多く骨格もしっかりしています。

毎日必要になる運動量も多いため、餌も充分な量と栄養素のあるものを食べなくてはいけません。

その点小型犬は1日の運動量も体に含まれる筋肉量・骨量が少なくなっています。

必要なエネルギー源を考えて配合されているので、きちんと小型犬や大型犬など自分のペットに適したものを選んで与えるようにしてください。

毎回同じ餌でも全く問題ありません

もう一つよく聞かれるのが、「毎日同じ餌を与えるとかわいそう。飽きるのではないか?」ということです。

結論を言えば毎日同じものを与えても全く問題はありません。

もちろんペットの記念日にちょっとしたごちそうをあげるという方法には問題ありませんが、毎日細かくメニューを変える必要はないのです。

よくペットへの愛情からか、自分で毎日ごはんを作ってあげていることを自慢気に話される飼い主さんを見かけますが、むしろそうした方法では充分な栄養を与えられていない危険性が高くよくありません。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら