プードルの歴史

NS642_syanbo-rujyou500-thumb-667x500-1649

フランスの国犬です

プードル犬というとなんとなく「フランスっぽい」と思う人もいるように、実際フランスの国犬として今も認められています。

ただ純粋にフランス原産なのかというと起源に異論を唱える研究者もおり、ドイツの犬がもともとの先祖ではないかというふうにも言われています。

ですがプードルという犬が愛玩犬として世界的に有名になったのはフランス貴族たちが多く飼育することが大きなきっかけですので、フランスらしい犬というイメージも決して間違いではないでしょう。

現在のような愛玩犬としてのプードルが登場する前まではプードルという犬種はもう少し体格が大きく、鴨猟をするときの回収犬として長く活躍をしてきました。

特に泳ぐのが得意な犬として知られており、狩猟をして川などにおちた鳥を拾ってくることを忠実にこなしてきました。

この狩猟犬がフランスよりもドイツで多く使われていたころがドイツ起源説のもとになっています。

フランスで愛玩犬として登場するようになったのは16世紀ころからのことで、特に女性に広く支持されたことでより小型の品種を求めて改良が重ねられました。

その結果としてミニチュア・プードルと、のちにトイ・プードルが作られ以後海外諸国に愛玩犬として多く輸出されていきます。

トリミングの起源はプードルから

プードル犬を語るときに外せないのがトリミングです。

プードル犬は全ての種類で共通して長くふんわりとした毛並みを持っており、飼い主はそれをブラッシングやトリミングをして定期的にケアしていかなくてはいけません。

水辺での狩猟をしていた頃からこの毛並みは続いており、水に濡れてボサボサになってしまった毛並みを戻すのは飼い主の役割でした。

そのあとに愛玩犬として役目を変えてからも毎日のケアにはトリミングが必須となっていたことから、ペット犬に対してのトリミングがケア方法の一つとして定着をしていきました。

現在ではトリマーとなるための技術試験の課題としてトイ・プードルのテディベアカットが必須になっているように、プードル犬におけるトリミング技術はペット犬ケアのプロになるためには必ず身につけなければいけない科目です。

プードル犬のためのケアがその後ペット犬全体のためのケアに発展していったと考えることもでき、プードル犬がペット市場に与えた影響はとても大きいと言えますね。

さらに小型化が進むプードル

愛玩犬の究極進化形のようなトイ・プードルですが、実はまだその進化は止まっていません。

現在公認のプードルの品種として最も小さいものを「トイ・プードル」と呼んでいますが、それよりも更に小さなプードルとして「ティーカッププードル」という品種が登場してきています。

ティーカッププードルとは文字通り紅茶のカップに入るくらいの大きさのもので、人間の手のひらに乗るくらいのサイズのペットとして今少しずつ人気が出てきています。

ただ非公認であるため血統書は発行はされません。

ティーカッププードルはもはや最初のスタンダードプードルと比べると全く別の生き物のように思えるくらいに全く違った動物に見えてしまいます。

ですが体が小さいだけで寿命はほかのプードルたちと同じく13~15年と言われています。

近々新しい人気品種としてトイ・プードルを脅かすような存在になっていくかもしれませんね。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら