Author Archives: SLpoo7uK

  • -

犬の気持ちを読み取るコツ

犬の気持ちが分かるようになりたい方に

シッポを振るプードルのイラスト人同士のコミュニケーションでも、発している言葉と合わせて気持ちを理解することもとても大切になります。
犬もこれと同じで、内心で思っている気持ちがあります。
こうした気持ちを理解できるようになりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、やり方次第で犬の気持ちも理解することができます。
ここでは犬の気持ちを読み取るコツについてご紹介します。
これであなたも愛犬の気持ちをさらに理解することができ、より深い信頼関係を築くことができるはずです。

犬の気持ちを理解する方法を解説

シッポを振るプードルのイラスト犬の気持ちを理解するポイントとして、表情をチェックすることが挙げられます。
犬も表情が微妙に異なっており、これで気持ちを読み取ることができます。
表情を読み取る際のチェックポイントとして、目があります。
目を合わせてくる時は犬があなたを同等な立場、もしくは上の立ち場と考えています。

そのため、飼い主としてきちんと認めてくれていたり、時には一緒に遊んでくれる友人のような存在として考えてくれている可能性が高いです。
犬と今の段階でも良い関係を作れていると言えるでしょう。

犬が目線を合わせてくれない場合は、二通りの場合が考えられます。
まずは怖がったり、不安を感じる時です。
こうした時にはしっかりと相手に目を向けることができず、犬も目線をそらしてしまうことが多いです。
また、もうひとつ、相手の方に敵意を持っている時にも目線をそらすことが多いです。
そのため、目線をそらされている場合にはあなたに対して敵意を持っている可能性があるので、注意する必要があります。

また、表情そのものからも気持ちを読み取ることができます。
目を補足して、口の端が上がっているような感じになっている時は、犬が笑顔になっています。
抱っこしている時などにはこうした顔になっていることも多いので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

首を傾げるような様子を見せていることもあります。
これは、分からないことがある時などに取る仕草です。
人の仕草とも似ていて、犬も同じ生き物なんだということを感じさせてくれる仕草です。

耳を立てている時もあります。
この時には犬がわくわくしていることが多いです。
これから出かけようとしている時や、公園で遊んでいる時などにはこうした様子になっていることも多いです。

犬の気持ちを理解するように意識してみよう

ちょうだいをするプードルのイラスト以上、犬の気持ちを読み取る方法についてご紹介してきました。
日頃からなるべく犬の気持ちを理解しようと意識していると、だんだんとより分かりやすくなってきます。
あなたも愛犬の気持ちをさらに理解して、良い関係を作っていってくださいね。
きっと一緒に過ごす時間がより楽しく幸せなものになるはずです。


  • -

犬のシャンプー方法

犬にもシャンプーが必要

シャンプーボトル犬も人と同じようにシャンプーをすることが大切です。
犬も自然の中で生活している時にはもちろんシャンプーは必要ありませんでしたが、やはり人と一緒に暮らすようになると飼い主の方にとってはにおいが気になるということも出てきます。
そうした時にはシャンプーをして、きれいに洗ってあげましょう。

犬の体は毛に覆われていますが、ノミや最近などが付着していることも多いです。
シャンプーすることでこうした小さな微生物も除去することができ、病気を防ぐにも役立ってくれます。
ここでは犬のシャンプーの方法についてご紹介します。

犬のシャンプーの方法をご紹介

犬のシャンプーには準備が必要です。
まずはシャンプーとリンス、タオルを用意しておきましょう。
シャンプーやリンスは人用のものではなく、犬用のものが市販されているので、ペットショップなどで購入しましょう。

tumekae_bottle人用のものもきれいになるのではと考えてしまう方もいるかもしれませんが、シャンプーやリンスには化学物質が含まれています。
こうした成分はもちろん人の体には何ともないかもしれませんが、実は犬にとっては大きなダメージになることも多いのです。
そのため必ず犬用のものを使うようにしましょう。
それほど高くなく、比較的安価に購入できるものも販売されています。

また、洗った後のためにドライヤーとブラシ、掃除機も用意しておくと良いでしょう。
ドライヤーで濡れた毛を乾かし、ブラシでとかして毛並みを整えます。
これだけ準備したら、いよいよシャンプーに入ります。

ぬるま湯でシャワーを調節し、まずは犬を濡らします。
ひと通り濡らし終わったら、シャンプーで洗っていきます。
犬にとってもシャンプーはストレスになりやすいので、なるべくさっと洗い上げるようにしましょう。
また、声かけをしながら楽しい雰囲気でシャンプーをすることも大切です。
楽しいことをしているんだと犬にも思ってもらえれば、大人しくしてくれています。

シャンプーを初めてする時などは特に、犬もビックリしてしまいがちです。
いきなり何をされるんだろうと緊張してしまうことも多いので、なるべく優しく安心感を与えるように配慮しながらシャンプーをしましょう。
また、あまり長い時間シャンプーをしているのは犬も苦痛なので、早めに切り上げて洗い流しましょう。

シャンプー後のケアもポイント

シャンプーをし終わった後はよく乾かして、しっかりとブラッシングをしておきましょう。
こうしてひと通りのシャンプーの作業が完了します。
クリーム
3週間ほどで1回はシャンプーをしてあげると、犬も良い状態を保つことができます。
愛犬をきれいに洗い上げて、気持ち良く楽しんでくださいね。


  • -

犬の留守番について

犬の留守番は人に似ている

犬を飼っている方も、ずっと犬と一緒にいられる訳ではない方がほとんどだと思います。
外出する際には一緒に出かけた方が良いことも多いですが、時には犬だけで留守番をしてもらうこともあるはずです。
留守番させる時には気をつけておいた方が良いポイントもあります。
日頃から留守番させることが多い方はもちろん、これから可能性がある方もぜひチェックしておいてほしいと思います。

犬は言葉がわからないので、放っておいていいやと考える方もいるかもしれませんが、実はこれは間違いです。
日頃からぜひ気をつけてみてほしいと思います。

犬も一匹でいるのは寂しい

茶色いプードル_イラスト飼い主が日頃からコミュニケーションを取っていると、次第に犬も、「この人が飼い主なんだ」ということを認識するようになります。
甘えさせてあげたり、いつも一緒に楽しく過ごしていると、犬も楽しい気持ちになっています。
そして、飼い主が外出して一匹で過ごすことになると、寂しさを感じていることも多いのです。

そして、寂しいだけでなく、この時に犬はストレスを感じていることも多いです。
ストレスは人にも悪影響のあるものですが、犬にとっても良くありません。
軽いストレスなら良いかもしれませんが、大きなストレスになると体調を崩してしまったり病気になることもあるので注意が必要です。

そのため、犬を飼っている方は大変かもしれませんがなるべく長期間自宅を空けないようにすることをおすすめします。
それだけ犬にも精神的に負担になってしまうため、なるべく早く戻ってまたコミュニケーションを取ってあげましょう。

また、エサも気をつけておきたい所です。
犬もずっと留守番をしているとお腹が空いてきます。
エサをやり忘れていると、飼い主が外出している間、ずっとお腹を空かして待っていないといけなくなってしまいます。
これは人にとっても大変なことだと思います。
数日家を空ける時に犬に留守番をさせる際には、出かける前に犬のエサをあげたかをチェックしておきましょう。

できれば知人の方などに預けるのもおすすめです。
犬の面倒が見れる方に預けておけば、その間犬も寂しい想いをしたりエサが足りない想いをすることなく過ごすことができます。
ただし、慣れない環境で待っていることには変わりないので、やはり早めに戻ってあげることをおすすめします。

犬も大切な家族の一員

以上、犬の留守番についてご紹介してきました。
犬も大切な家族の一員なので、なるべく長期間の留守番は頻繁にしないようにすることをおすすめします。
シッポをふるプードル_イラストやはりこうした対応は犬の寿命などにも影響してきます。
大切な存在と思っているなら、きちんと丁寧な接し方をしていきましょう。


  • -

犬のトイレトレーニングについて

犬のトイレトレーニングをしよう

犬をこれからしつけていくという方がまずしつけたいこととして、トイレがあります。
どんな犬でもトイレに行きたくなることはあるものなので、最初にしつけておくことで手間をかけずに飼うことができるようになります。

illust_s_06しつけのしやすさは犬の種類によって異なります。
覚えやすい犬種としては、プードルやラブラドール・レトリバー、シェパードやシーズーなどがあります。
また、覚えにくい犬種としてはダックスフンドやポメラニアン、チャウチャウ、ダルメシアンなどがあります。
覚えの良さに違いがあったとしても根気よくしつけることで覚えてもらえるようになるので、しっかりとしつけることが大切です。

トレーニング前に準備しておくべきもの

トイレのトレーニングをする前には準備しておくと良いものもあります。
最初にチェックしてからトレーニングに入りましょう。

用意しておくと良いものとしては、まずは時間です。
これは実際の物ではありませんが、しつけのためには比較的時間がかかることがあります。
また、トイレをするタイミングでしつけをする必要があるため、トイレのタイミングまで待つ必要があるのです。
少し時間がかかりますが、事前に頭に入れておくようにすれば心の準備ができるはずです。

フローリングまた、部屋はフローリングがおすすめです。
カーペットや和室の部屋で行なうと、汚れてしまう可能性が高いです。
犬のトイレのトレーニングなので、汚れてしまうとちょっと抵抗が出てくる方もいるはずです。
そうならないためにも、フローリングですぐにお手入れができる部屋で行なうことをおすすめします。
汚れてからでは遅いので、先に準備しておきましょう。

また、シーツも用意しておくと良いです。
トイレにシーツを用意しておくと、シーツに犬のにおいがつきます。
これで犬も自分の場所だという安心感を持ちやすくなり、よりトイレの場所にスムーズに向かってくれます。
安価なものもたくさん市販されているので、用意しておきましょう。

ケージも用意しておくと良いです。
トイレのスペースをケージにしておくと犬もトイレの場所が分かりやすくなるので、より覚えてくれやすくなります。
また、犬が出入りしやすい扉になっていることも大切です。

必要なものを整えて、いざトレーニング

こうして準備が整ったらトレーニングを行ないます。
犬がトイレをしたそうにしていたら、犬をトイレのスペースに連れていきます。
そして、トイレが上手くできたら、ほめてあげるようにします。
しっかりとほめていることが伝わるように、声をかけて頭をなでて、エサをあげましょう。
こうすることで、犬も良いことをしたんだということを感じてくれやすくなります。

これを繰り返して自分でトイレに行くようになるまで繰り返します。
根気良くしつけていきましょう。


  • -

新しい犬を迎える前に準備すべきこと

愛犬を迎える前にやっておくべきこと

ペットとなる犬を決めてペットショップなどで購入したら、いよいよ自宅に犬を迎え入れることになります。
この際には準備をしておくと、より最初からスムーズに飼うことができます。
犬が自宅の中にいると、これからの生活も大きく変わるはずです。
楽しいこともたくさんありますが、世話をするために必要なこともあるため、事前に把握しておきましょう。

ここでは新しい犬を迎える前に準備しておきたいことをご紹介します。
これから購入予定の方は参考にしてくださいね。

準備するポイントは3つ

新しい犬を迎え入れる前に準備しておくべきポイントは大きく分けて3つあります。
まずは飼育環境です。
犬を飼う際にはそのためのスペースが必要になります。
もちろん自宅の中を放し飼いで飼うこともできますが、やはりどこに行くか分からなかったり、思わぬ行動をして部屋が散らかってしまう可能性があるので、なるべく環境を整えてから飼うことをおすすめします。

準備に必要なものとしては、トイレ、ペットシーツ、水飲み、エサ入れに加えて、サークルが必要になります。
サークルは犬の縄張りとなるスペースです。
犬は自分の縄張りをここと決めることで安心して過ごせるようになる性質を持っているので、サークルを用意してここが自分の縄張りだということを分かりやすくしてあげましょう。

もうひとつ必要な物がクレートです。
これは犬小屋です。
犬も自分の家がある方がより安心して過ごすことができるので、こちらも前もって準備しておくことをおすすめします。

喜ぶイヌあとはおもちゃも準備しておくと良いでしょう。
犬を購入して定期的に行なうようになるのが散歩です。
毎日のようにすることも出てくると思いますが、その時に公園などで遊べるおもちゃがあるとより犬も楽しんでくれます。
飼い主の方とのコミュニケーションも取りやすくなるので、購入しておくことをおすすめします。
それほど数がなくても良いので、まずは1つでも購入しておきましょう。

3つめのポイントとしては動物病院です。illust3966
飼い始めてから、いつ病気になるか分からないため、事前にチェックしておきましょう。
病気や何か様子がおかしいと思ったら、なるべく早めに相談にいくと良いです。
人と同じで早めの対応が犬の体に負担をかけないポイントです。

3つのポイントを押さえて犬を迎えよう

以上、これから犬を飼う方が押さえておきたい3つのポイントをご紹介しました。
ぜひあなたもこれらは最低限準備して、これからの新しい家族を迎えてみてほしいと思います。
きっと最初から飼い主とペットとして、良い関係を作っていくことができますよ。
新しい生活をぜひ楽しんでほしいと思います。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら