Author Archives: SLpoo7uK

  • -

犬の爪切りのコツ

犬も爪が伸びてくることがある

トリミングしているイラスト人が時々行なうことに爪切りがあります。
爪はだんだん伸びてきて、あまり長く伸びすぎると色んな所に引っかかって怪我をしてしまうことがあります。
犬もこれと同じく、爪が伸びて怪我をしてしまうことがあります。

犬は本来外で走り回っている時には爪が徐々に摩擦で削れていくためわざわざ爪切りをする必要がありませんが、人と一緒に生活して安全な場所に住むようになると爪が必要以上に伸びることがあります。
こうした時には人が爪切りをしてあげることが必要になります。
爪切りをしてあげると犬もまた走り回れるようになるので喜んでくれます。
ここでは犬にとっての良い爪切りをご紹介します。

犬の爪切りのポイント

犬の爪切りのポイントは、まずは爪切りを楽しい行為だという風に感じてもらうということです。
爪切りは犬がじっとしていないと切ることができませんが、犬の中にははしゃぎまわるのが好きな犬もいます。
こうした犬の場合、じっとした状態できれいに爪を切るのが難しいことがあります。
爪切りで大人しくしてもらうためには、まずは楽しい雰囲気を作ることが大切です。

一緒に楽しく過ごそうというスタンスで爪切りをしようとすれば、犬もこれから遊ぶんだというように感じてくれます。
また、爪切りの時にもけして動揺することなく犬の爪を切るようにすると、すんなりと爪切り中に大人しくしてくれることになります。
このように、雰囲気作りもとても大きなポイントなので、ぜひチェックしておくことをおすすめします。

犬の爪切りに必要なものは、爪切りとヤスリです。
爪切りはカットしやすいものを選ぶのが基本です。
通常の人が使うような形の爪切りだけでなく、ハサミタイプでより使いやすいものもあるので、そうしたものを活用するのもおすすめです。

ヤスリも用意しておきましょう。
特に犬は走り回ることが多いので、引っかかって怪我をしてしまう可能性もあります。
ヤスリで磨けばきれいに丸くなるためトラブルを避けることができます。

爪を切る時は、丸く引っかからないように

犬の爪を切る時には、単に短くすれば良いというものではありません。
必ず丸く、カーペットなどでも引っかからないような爪に仕上げるように心掛けてほしいと思います。

定期的に爪切りはした方が良いですが、目安としては床を犬が歩いている時に、爪の音がするかどうかです。
爪の音がしているということは爪が伸びすぎているということなので、早めに切ってあげましょう。
また、犬を傷つけないように気をつけながら切るようにしましょう。
爪は小さなパーツですが、犬の健康のためにはきちんとケアをしてあげることが大切です。
ぜひあなたの愛犬もチェックしてみてくださいね。


  • -

犬の歯磨きについて

犬も歯磨きが大切

歯ブラシ犬は自然の中で生活している時には歯磨きをすることはありませんでしたが、人のペットとして飼われるようになってからはエサとして様々な物を食べるようになりました。
ドッグフードやフルーツなどを食べることもありますし、時にはクリームなどがついたものを食べるときもあるかもしれません。
食べる物が変わってきて、犬も虫歯になることも出てきました。

そして、犬も年齢を重ねると歯石がつき、歯周病や口臭の原因になってしまいます。
まさに人と同じような口の中のトラブルが起こるようになってきているのです。
こうしたトラブルを防ぐためには、犬にも歯磨きが大切です。
ここでは犬の歯磨きについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬の歯磨きのポイント

犬の歯磨きは人がしてあげる必要があります。
犬が自分で歯磨きをすることは難しいので、抱っこして歯ブラシで歯を磨いてあげることできれいにしていきます。
歯磨きのポイントは沢山ありますが、まずは歯磨きという行為に慣れてもらうことが大切です。
犬も初めて歯磨きをする時にはびっくりしてしまいます。

いきなり口に棒のようなものを入れられて、一体どうなってしまうんだろうという不安にもかられます。
そのため、楽しい雰囲気を作ってまずは歯磨きに慣れてもらうことが大切になるのです。
最初の数日はあまり歯磨きを行なおうとせず、楽しい雰囲気での歯ブラシに慣れてもらうと良いでしょう。
こうして抵抗感がなくなってきてから本格的な歯磨きに入ります。

歯ブラシや歯磨き粉は犬用のものを使うことをおすすめします。
歯ブラシは特に人用のものでも対応することができますが、犬用の方がより専用の器具なので使いやすいようにできています。
また、歯磨き粉は化学成分が入っているので犬用のものを必ず使いましょう。
人には問題ない成分でも、犬にはとてもダメージの大きい成分であることはあるのです。
犬用の歯ブラシや歯磨き粉はペットショップで購入することができるのでチェックしてみると良いでしょう。
細菌はネットショップなどでも購入することができ、より便利に買い物ができるようになっています。

ただし、実物を見ることができないので、なるべくペットショップで実際に使いやすそうなものを見て選ぶことが大切です。
あなたも磨きやすく、犬にも負担がかかりにくいものを選ぶことをおすすめします。

犬の歯磨きをしっかりと

ハブラシとコップ異常、犬の歯磨きのポイントをご紹介してきました。
犬の歯も少しずつ汚れていっているので、なるべく定期的に磨いてあげると良いでしょう。
毎日でなくても良いですが、数日に1回は磨いてあげることでペットも気持ち良く過ごすことができますし、あなたにとっても良いはずです。


  • -

犬の健康チェック

犬の健康チェックをしよう

くまさんの医者_イラスト犬も時には体調を崩してしまったり病気になってしまうことがあります。
人も体調不良や病気になることがありますが、日々の生活の中で大切になるのが健康チェックです。
予防のためにとても役立つので、犬の健康状態についてもしっかりとチェックしておきましょう。

日々健康に愛犬が過ごしてくれることで、あなたの生活も楽しくなるはずです。
ここでは健康チェックのために必要なポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

静かに過ごしている時の呼吸に注目

眠る犬のイラスト犬の健康状態をチェックする際にポイントになるのが呼吸です。
静かにしている時の呼吸がどのようになっているかをチェックすることで、普段と違う呼吸になっていると体調不良などが起きている可能性が高いです。

呼吸のチェック方法は、普段の健康な状態での呼吸の回数を測定しておきます。
3回ほど測定して平均を計算すれば普段の健康な状態での呼吸の回数が分かるので、それと大きくずれていることがあれば体調不良や病気を疑うと良いでしょう。
また、体温、脈拍数も合わせてチェックしておくことをおすすめします。
こちらも普段の状態と比較することで異常がないかを確認できます。

多くの犬に共通する数値としては、呼吸の回数は小型犬で1分間に20回から30回ほどになる犬が多いです。
大型犬の場合は1分間に10回から15回ほどの回数になることが多いです。
犬の呼吸は聞くことができますし、胸が動いています。
この動きのサイクルを測定することで回数をカウントすることができます。

体温もチェックしておきましょう。
体温計で測定することができますが、犬のお尻から体温計を入れて測定します。
人と同じくらいの体温の犬が多く、37.5度から39度ほどの体温なら正常です。

また、普段のトイレからもチェックすることができます。
ちょっと大変かもしれませんが、普段の犬のうんちやおしっこの状態をチェックしておきましょう。
毎日トイレをする回数や、うんちなどの色もチェックすることで異常がないかを知ることができます。
正常でない時には明らかに見た目やにおいから分かるので、すぐに気が付くことができます。

頻繁にトイレに行く時にはストレスを感じていることも多いです。
何か大きな症状が原因でストレスを感じていることも多いので、散歩などに出かけた時に見ておきましょう。

犬も体調を崩すことはある

このように、犬の健康状態をチェックしておくことはとても大切です。
犬も日々色んな所を走り回り、時には細菌などが体に住み着いてしまうこともあります。
そうすると体調不良にもつながりやすくなってしまいます。
ぜひ日々こまめにチェックして、愛犬の異変にすぐに気付いてあげられるようにしておきましょう。


  • -

犬の避妊手術について

犬の避妊手術をしよう

犬も赤ちゃんを産んで子犬を増やす習性があります。
ただし、ペットとして飼っていて子犬が増えてくると、それぞれの子犬に費用がかかることになります。
また、面倒を見るための手間も必要になり、嬉しいことばかりではないということも正直あります。

そのため、必要に応じていぬの避妊手術も行なわれています。
最近では比較的一般的になっており、メスの犬の卵巣を摘出する方法か、子宮を摘出する方法、もしくはその両方が行なわれています。
ちょっとかわいそうではありますが、今後もペットと仲良く暮らしていくためには必要になることもあると思います。
じっくりと検討して決めてみてほしいと思います。

獣医さんに相談しよう

避妊手術を検討するようになったら、獣医さんに相談すると良いです。
愛犬の状態を見てくれて、愛犬に合った方法での手術を提案してくれます。
手術は獣医さんが行なってくれますが、比較的短時間の手術で済むことが多いです。
30分もあれば終了するので、犬にも比較的負担の小さい手術と言えます。

ただし、手術の当日は一緒に帰ることはできないので気を付けましょう。
やはり手術直後は愛犬も休養が必要なので、動物病院でその日は過ごすことになります。
また、ケースによっては2泊になる場合もあるため、獣医さんにここも確認すると良いでしょう。
基本的には当日は手術をしてそのまま動物病院に残し、次の日の夕方からの時間で迎えにいくのが通常の流れとなっています。

手術は飼い主の方も心配になりやすいものですが、愛犬も頑張ってくれるので見守っておきましょう。
命に関わるような手術ではないので、きっと元気に帰ってきてくれるはずです。

手術の費用は小型や中型犬なら2万円ほどの金額で済むため、比較的安価に行なうことができます。
今後子犬が増えることで費用がかさむ可能性がある場合は、検討してみるのも良いと言えるでしょう。
また、大型犬の場合は手術もより大掛かりなものになるので費用がもう少しかかる場合が多いです。
5万円ほどの金額がかかる場合もあるので気を付けましょう。
ここも動物病院によって異なるので、相談してみることをおすすめします。

信頼できる獣医を選ぼう

獣医さんも愛犬のことを親身になって診てくれますが、やはり獣医さんによって得意不得意もあります。
そのため、手術を依頼する前には信頼できる獣医さんかどうかをチェックして、費用も確認して検討することをおすすめします。

また、住んでいる場所によっては市町村から手術の補助金が出ることもあります。
役場に確認して、もしあれば活用することをおすすめします。
手術と言うと少し飼い主の方も緊張してしまうかもしれませんが、しっかりと必要なことをチェックして検討してみてほしいと思います。


  • -

愛犬を上手に撮るコツ

愛犬を写真に収めよう

カメラのイラスト犬と日々一緒に過ごしていると写真を撮りたくなることもあると思います。
愛犬の可愛い姿を写真に撮っていると、一緒に過ごしている時間だけでなくどこにいても愛犬を楽しむことができますし、思い出や成長の記録として残すこともできます。

愛犬を撮影する時には何気なく撮っている方もいるかもしれませんが、撮り方には上手に撮るコツもあります。
ここではそのコツについてご紹介します。
あなたの愛犬ライフもさらに楽しくなるので、ぜひマスターしてくださいね。

愛犬の撮影のポイント

愛犬を上手に撮影するポイントとしては、まずはカメラ慣れしてもらうということです。
愛犬もカメラをいきなり向けられると身構えてしまうので、徐々に慣れさせてから撮影するとスムーズです。
最初は上手く撮れなくても良いので、犬に慣れてもらうことから始めましょう。
だんだん見慣れてくると武器などではないということが犬にも分かってきます。
また、おもちゃなどを用意して遊びながらカメラを向けていると、これは遊びなんだと思ってくれるようになります。

こうしてカメラに慣れてきたら、アングルにこだわって撮影してみると良いでしょう。
360度だけでなく、上から撮影したり、犬よりも低い位置から撮影するのもおすすめです。
よりダイナミックな写真を撮ることができ、本格的なプロのような写真を撮ることができますよ。
同じ犬を撮影するのでもこうしたテクニックでずいぶん印象が違ってきます。
色々試行錯誤しながら撮影してみてほしいと思います。

girl_lまた、場所を変えて撮ってみるのもおすすめです。
特徴のある背景で撮影すると犬の雰囲気もさらに変わって見えます。
試しに花畑などがあれば、その中で遊ぶ愛犬の姿を撮影してみると良いでしょう。
いつもとは大きく違う雰囲気を感じることができて、思い出に残るショットになります。

さらに、光の加減や角度にも注意して撮影するのもおすすめです。
光も写真には重要なポイントです。
正面から光が当たっている場合と、逆行で背後から光が当たっている場合で雰囲気が変わってきますし、横や斜めからでも雰囲気が変わります。

色んな写真を撮影して愛犬の思い出を残そう

以上、写真撮影のテクニックについてご紹介してきました。
ここでご紹介したポイントに気をつけて写真を撮るだけでも今までとグッと違った雰囲気の写真を撮ることができるようになります。
ぜひ取り入れてみてくださいね。

写真が上手く撮れるようになると撮影が楽しくなり、愛犬を思い出に残せるようになります。
あなただけのオリジナルアルバムを作るのもおすすめです。
スマホなどでも上手く撮れる撮影グッズが市販されているので、活用してみるのも良いと思います。


特集

プードルを上手にトリミングするコツ

>>記事はこちら

犬の保険って実際どうなの?

>>記事はこちら